HISTORY 沿革

1919年(大正8年)7月 初代社長の和田二郎が東京市芝区新橋三丁目18番地(現本社所在地)にて精工社製作所を創立する
1930年(昭和5年)5月 個人経営を合資会社精工社製作所に改組
1939年(昭和14年)4月 社業発展により、埼玉県川口市の川口工場を建設
1940年(昭和15年)12月 社業合理化のため、株式会社精工社製作所に改組
1941年(昭和16年)12月 二次世界大戦中は海軍管理工場に指定され、主として基地電源用発電機、艦船用直流電動機、乙造船用直流発電機並びに防空用モータサイレン製造に専念する
1951年(昭和26年)5月 初代社長の和田二郎が死去し、長男和田二三郎が二代目社長に就任する。旧来の組織改善を行い工場の合理化を実施する。
1956年(昭和31年)12月 工場管理の優秀なることを認められ、東京通商局長賞を受賞するとともに、中小企業庁より合理化モデル工場に指定される。
1968年(昭和43年)11月 永年の工場合理化の業績に対し通商産業大臣賞を受賞する。
1972年(昭和47年)7月 本社新社屋「精工ビル」が竣工する。個人資産であった旧社屋を新社屋にするにあたり、新規に精工実業株式会社を設立し、和田二三郎が代表取締役に就任する。
1982年(昭和57年)8月 事業環境の急激なる変化と企業体質の改善のため、工場を川口市東領家に移転する。
1984年(昭和59年)5月 企業体質の改善を実施するにあたり、和田二三郎が取締役会長となり、次男和田修が代表取締役となる。
1984年(昭和57年)7月 永年の船舶関連工業の業績に対し、和田二三郎が会社を代表して運輸大臣賞を受賞する。
2002年(平成14年)3月 ダム警報用サイレンとして、インバータ駆動によるインバータサイレンを開発し、1号機を 国土交通省九州地方整備局遠賀川河川堰警報用として納入する。
2004年(平成16年) 軽量小型化および多くの利点が認められインバータサイレンが国土交通省新技術情報提供システム(通称:NETIS)に登録される。
2010年(平成23年)9月 企業体質の改善を目的とする工場移転計画を立案し発表をする。
2011年(平成24年)12月 山形県長井市に長井工場を開設し発電機巻線部門を立ち上げる。機械加工、組み立て、完成検査は従来とおり川口工場にて実施する。
2016年(平成29年)9月 製造部門全部を長井工場に移転し、同時に川口工場を閉鎖する。
2019年(令和元年)7月 創業100周年を迎える。